*

ストレスもダイエットの敵

自律神経とストレス

st1
ストレスは精神的なものだけでなく、体に様々な悪影響を及ぼします。
そのストレスで特に影響を受けるのが自律神経です。
自律神経は交感神経副交感神経の2つの系統に分かれており、
昼間は交感神経、夜は副交感神経が主に働いています。

交感神経は活動的な時や、緊張、恐怖、怒りを感じているとき
副交感神経はリラックスしているときなど体を休めているときに働きます。

人はこの活動とリラックス(休憩)をバランスよく繰り返すことによって心身を健やかにすごせるのです。

ストレスが加わると交感神経が刺激を受け緊張状態になります。
慢性的なストレスだと交感神経がずっと働き続ける状態になり脳がリラックスできなくなってしまいます。
食欲の異常や睡眠不足、肩こり、酷い場合は自律神経の乱れによる疾患も発症してしまいます。

ストレスは溜めないのが一番いいことですが、ストレスの影は日常に潜んでいて避けることは難しいと思います。
特に抱え込んでしまうタイプの方やストレスに弱い方はなかなか難しいとは思いますが、うまく避けるコツや発散方法を身につけてどうか自分の体を守ってください。

ストレスを溜めるダイエット

himan9
余分な脂肪を減らすためのダイエット方法は今では様々な方法が考えられています。
食事制限や運動方法など、様々な方法を試すと思います。
やらなきゃ、痩せなきゃという思いからストレスを溜めてしまうのもありますが、
ダイエット方法を試すこと自体が普段やらない”特別”な事のため知らず知らずストレスを溜めてしまっている場合もあります。

なかなか効果が現れなくてダイエットに挫折してしまう人も多いですが、
この知らず知らずのうちに感じているストレスによって疲れてしまいダイエットを挫折してしまう人も少なくありません。

また、食事制限のダイエットはそれだけで大きなストレスを体に与えてしまいます。
体重は減っても体の様々な健康な要素は失ってしまうでしょう。

ダイエットは特別ではなく普段の生活に取り込めるようになれば精神的な疲労を溜めることなく自然に痩せることが出来るでしょう。

ストレスによる食欲異常

himan8
過剰なストレスは食欲に異常をもたらします。
ストレスがたまると人は食欲に関係なく不安や心理的ストレスから逃避するためにどうしても肥満の元となる甘いものやアルコール、ご飯などの糖類を主に暴飲暴食を繰り返すようになってしまいます。

どうして糖類を求めてしまうのかというと、私たちの脳の中にはセニトロンという物質が存在しているのですが、これが情緒を安定させイライラを沈める作用が間接的にあるため無意識に体が求めてしまうのです。

糖分を摂取すると体内のセニトロンの濃度が上昇し、気分が落ち着くということを体が覚えているんですね。

ストレスは食欲をコントロールする大脳が空腹のサインを正しく受け取れなくしてしまうため、満腹でも食べてしまうのです。
また、逆にストレスによって交感神経の働きを鈍らせてしまい、胃液などの分泌がスムーズに行かずに食欲不振になってしまうケースもあります。

関連記事

nitihi3

日常生活で肥満防止を意識する

鏡でボディチェック 体重は変わらなくても体型だけが変わる場合があります。 つまりそれは脂肪が

記事を読む

st5

ストレス回避で心身健やかに

ストレスは体に悪影響を及ぼします。 過食になってしまったり、逆に小食になってしまったり… ス

記事を読む

niti3

代謝に関わる日常生活

基礎代謝の下がる日常生活 年齢によって代謝は下がりますが日常生活の送り方によって代謝は下がりも

記事を読む

iden02
肥満と遺伝の関係

肥満なのは遺伝のせいか? 太りやすい人や太りにくい人それぞれいる

kiji3
基礎代謝の測り方2

基礎代謝を割り出すハリスべネディクト方程式 基礎代謝の計算方法に

kiji2
体を鍛える正しい座り方

正しい座り方でインナーマッスルを鍛える 学校の授業やオフィスのデ

tansangas07
炭酸ガスと基礎代謝の関係

炭酸ガスから代謝がわかる 自分の基礎代謝をはかるとき、体脂肪計でも測

kiji
基礎代謝とプロテインの関係

プロテインダイエットで痩せる? プロテインダイエットをご存知でし

→もっと見る

PAGE TOP ↑