*

バレエ・エクササイズで代謝アップ

バレエ・エクササイズとは

bar1
バレエ・エクササイズとは、元々はバレリーナがレッスン前に行っている本格派のフロア・エクササイズです。
フロアエクササイズとはヨガや気孔などありますが、バレエエクササイズは解剖学に基づいてそれらの良い所も取り入れた無理の無いソフトストレッチです。

バレエの未経験者や体が硬い人でも大丈夫です。
筋肉を無理に引っ張ったり、勢いをつけたりという事はないので、基本のエクササイズから習得していき左右の筋肉バランスをよく使い、徐々にしなやかで美しい「プリマ・ボディ」を目指していきましょう。

筋肉の伸ばし方が気持ちいいと感じる程度でいいのでリラックス効果も期待できます。

バレエ・エクササイズを行うポイント

bar2
エクササイズを行うときに意識するべきポイントが3つあります。

1、綺麗な姿勢
おヘソと肛門をつないだ中心にある丹田を意識することによって綺麗な姿勢が保ちやすくなります。
下腹部の奥といえばわかりやすいですがこの丹田に力を入れて綺麗な姿勢を保つ力が丹田力なのですがこれはヨガや東洋医学で体の中心にあると言われているのです。

2、腹式呼吸
骨盤の中で風船を膨らますようなイメージで花から息を吸います。
次に口を少し開き今度は風船から空気を抜くようなイメージで、下に向けて息をゆっくり吐き出します。
息を吐きながら行うことがエクササイズで体を伸ばすときのポイントになります。

3、骨を整える
骨を整えないまま筋肉だけを集中的に鍛えてしまうと筋肉や関節に余計な力がかかってしまい、ストレスを与えてしまいます。
まずは背骨や骨盤などを正しく整えるエクササイズをしてからトレーニングに励みましょう。

バレエ・エクササイズを行う環境

bar3
エクササイズを行うときは周りの物にぶつからないよう広いところで行うといいでしょう。
また床が固いときは下にタオルやマットをしくといいでしょう。
もしあればヨガマットなど専用のマットがあると尚いいです。
他にも室内環境としまして、暖かい部屋で行うのがオススメです。
クーラーの効いた部屋だと体が疲れてしまうためクーラーはつけずじわりと汗がかけるくらいがいいでしょう。

関連記事

kiso5

基本のストレッチの方法

ストレッチ体操(柔軟体操)について ストレッチ体操は運動前のウォーミングアップとして、運動の後

記事を読む

dan3

代謝を高める筋肉トレーニング

筋肉を活性化させて鍛える 「基礎代謝とは?」のページでご紹介していますが、ダイエットに効果的な

記事を読む

un7

綺麗な体作りのための運動方法

バランスの取れた運動 人によってコンプレックスでそれぞれ悩まれている人も多いと思います。 太

記事を読む

un4

基礎代謝を上げる運動方法

基礎代謝と鍛えることの関係 ダイエットをする時、身体のエネルギーの消費量を増やすことを考えると

記事を読む

kiji2

体を鍛える正しい座り方

正しい座り方でインナーマッスルを鍛える 学校の授業やオフィスのデスクワークなど、座っている時間

記事を読む

walk1

正しいウォーキングの方法

ウォーキングのコツ ウオーキングは背筋を伸ばしながらキビキビ早歩きする方法です。 散歩のようなゆ

記事を読む

iden02
肥満と遺伝の関係

肥満なのは遺伝のせいか? 太りやすい人や太りにくい人それぞれいる

kiji3
基礎代謝の測り方2

基礎代謝を割り出すハリスべネディクト方程式 基礎代謝の計算方法に

kiji2
体を鍛える正しい座り方

正しい座り方でインナーマッスルを鍛える 学校の授業やオフィスのデ

tansangas07
炭酸ガスと基礎代謝の関係

炭酸ガスから代謝がわかる 自分の基礎代謝をはかるとき、体脂肪計でも測

kiji
基礎代謝とプロテインの関係

プロテインダイエットで痩せる? プロテインダイエットをご存知でし

→もっと見る

PAGE TOP ↑