*

綺麗な体作りのための運動方法

バランスの取れた運動

un7
人によってコンプレックスでそれぞれ悩まれている人も多いと思います。
太い太もも、ズボンに乗っかるお腹、垂れたお尻、パンパンの顔…
そんなコンプレックスから部分痩せを強く希望する女性も数多く見られます。

そのコンプレックスを克服したいためにその部位だけを一生懸命鍛えてもなかなかうまく痩せてくれない場合があります。

もちろん筋肉が付けばある程度引き締まりますが鍛えたところと同じ部分の脂肪だけがまるっきりなくなるわけではありません。

実際に部分痩せはほぼ不可能といわれています。

しかし全身を使った運動などで身体のエネルギー全体を消費し、
更に気になる部分を鍛えて行くことによってバランスよく痩せるのでスタイルの良い身体作りが可能です。

気になる部分やコンプレックスがある方でもバランスよく鍛えたほうが結果的に良いスタイルになりやすいので、気になる部分だけでなく全身を意識して運動してみましょう。

運動でリバウンドを防ぐ

un2
せっかく痩せたのにリバウンドしてしまった…
そんな話はよく聞きますがなぜリバウンドをしてしまうのでしょう。

リバウンドは運動をせずに食事の量を減らしてダイエットした人に見られがちです。
食べるのを我慢する”だけ“のダイエットは筋肉量も減ってしまい、
それに伴って基礎代謝もグングン低くなってしまいます。

食事制限をして痩せている間は基礎代謝で消費するエネルギーが食事のカロリーを越えていますが、いずれ基礎代謝がそれと同じくらいか下回るまで減ってしまいます。

食事制限で体重がなかなか減らなくなった時が「停滞期」といい、
なかなか痩せないストレスや、日常のストレスなどで今までの食事量に戻す、
あるいはそれ以上を食べてしまった場合、すぐに太ってしまうのです。

最近ではあまり見なくなりましたが以前テレビで海外の150キロ近くもある人が脂肪吸引で痩せたのにすぐに元の体系に戻ってしまったという内容を放送していましたがつまりはそういうことです。

リバウンドについて思い違いをしている方も多いですが、
痩せた=リバウンドの恐れ
ではなく
痩せてた体重から元の体重にすぐに戻ってしまうようなリバウンドは
身体の代謝や生活習慣が改善されていないのが大きな原因です

運動で筋肉をつけて代謝を上げたり、生活習慣を改善するなどの日ごろからの努力をしていれば突然のリバウンドに襲われることはありません。

正しい姿勢をとるだけで筋肉が付く

un3
正しい姿勢は骨や骨格にとって一番自然で楽な状態で、背筋が伸びている状態ですと自然とお腹や背中の筋肉を使っている状態になります。
しかし猫背などでゆがんだ姿勢になってしまっている場合、
筋肉はあまり使われないのでそれほど無く、身体を支える力が弱いので身体に負担がかかります

正しい姿勢をとるだけで筋肉を使うので自然と基礎代謝もアップします
ですので姿勢が悪い方は正しい姿勢を意識的に行うだけで自然と筋肉のトレーニングしていることになりますから意外とダイエット効果があったりします

正しい姿勢は、立ったまま深呼吸をして胸いっぱいに空気を吸ったまま、
肩からストンと力を抜きます。
そのまままっすぐ立っていようとすると下腹やお知りが自然と縮まろうとする働きがあります。

この状態で身体のどこかに負担を感じ苦しい人はその部分の筋肉が衰えている可能性があります。

筋肉トレーニングの中で一番動かなくて良いトレーニング方法ではないでしょうか?
通勤の電車でも出来るので、一日1分からはじめて、徐々に時間を増やしていきましょう。
筋肉もつきますし身体が自然と正しい姿勢を覚えていくので、
そのうち無意識でも綺麗な姿勢でいられるようになります。

血行を改善して代謝を高める

un8
自律神経やホルモンバランスが乱れてしまったり、新陳代謝の低下などで血行が悪くなると不眠や体調不良、冷え性やPMSの悪化など
体に様々なトラブルを招きます
ストレッチや軽い体操で体をほぐして血行を改善させて代謝を高めるようにしましょう。

オススメなのが38~40度のぬるま湯で体をあっためてからストレッチを行うことです。
オススメのストレッチ方法を一つご紹介します。

1、足を肩幅に開いてたち、両手を後ろで組みます
2、肩を後ろに引いてひじをピンと伸ばします
3、息を吐きながら手を後ろに上げていきます
4、胸と方の前がピンと張ったのを意識できたらゆっくり手を下ろします。

これを無理の無い程度に繰り返してください。
もし両手を後ろに上げていくのが痛い人は無理の無い範囲で行ってください。

また、ストレッチだけでなくバスソルトも血行を良くします。
特に冷え性で冬のお風呂が辛い人もお風呂上りまでポカポカしますし、リラックス効果も上がるためオススメです。

関連記事

walk1

正しいウォーキングの方法

ウォーキングのコツ ウオーキングは背筋を伸ばしながらキビキビ早歩きする方法です。 散歩のようなゆ

記事を読む

un4

基礎代謝を上げる運動方法

基礎代謝と鍛えることの関係 ダイエットをする時、身体のエネルギーの消費量を増やすことを考えると

記事を読む

dan3

代謝を高める筋肉トレーニング

筋肉を活性化させて鍛える 「基礎代謝とは?」のページでご紹介していますが、ダイエットに効果的な

記事を読む

kiji2

体を鍛える正しい座り方

正しい座り方でインナーマッスルを鍛える 学校の授業やオフィスのデスクワークなど、座っている時間

記事を読む

bar1

バレエ・エクササイズで代謝アップ

バレエ・エクササイズとは バレエ・エクササイズとは、元々はバレリーナがレッスン前に行っている本

記事を読む

kiso5

基本のストレッチの方法

ストレッチ体操(柔軟体操)について ストレッチ体操は運動前のウォーミングアップとして、運動の後

記事を読む

iden02
肥満と遺伝の関係

肥満なのは遺伝のせいか? 太りやすい人や太りにくい人それぞれいる

kiji3
基礎代謝の測り方2

基礎代謝を割り出すハリスべネディクト方程式 基礎代謝の計算方法に

kiji2
体を鍛える正しい座り方

正しい座り方でインナーマッスルを鍛える 学校の授業やオフィスのデ

tansangas07
炭酸ガスと基礎代謝の関係

炭酸ガスから代謝がわかる 自分の基礎代謝をはかるとき、体脂肪計でも測

kiji
基礎代謝とプロテインの関係

プロテインダイエットで痩せる? プロテインダイエットをご存知でし

→もっと見る

PAGE TOP ↑